FC2ブログ

「熱中症」「脱水症」「日射病」「熱射病」さてさて

今日も暑そうですよ
生徒さんが熱中症になったとお聞きしました。
いやいやほんと人ごとじゃないです。みなさんもお気をつけくださいね。
で、ちょっと気になったことが
私のように古い人間は、熱中症という言葉より日射病という言葉をつかっていたような・・・
「熱中症」「脱水症」「日射病」「熱射病」なんだかいろいろあるけど、全部同じように使っている気がします。

で、
熱中症とは気温の高い環境で生じる健康障害の総称です。体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

熱射病は脱水症や熱中症の進行した状態で、
体温を調節する働きが追いつかなくなることで40℃を超える高体温になり、脳の体温調節中枢機能が麻痺して起こります。意識障害やショック状態になることも。
熱射病がもっとも危険で、死亡することもまれではありません。なので熱中症より熱射病といった時の方が重いということですね。
脱水症というのはその途中過程なので、軽度の場合は脱水症というわけですが、そこで見落としてしまうと熱中症となり、それが重くなると熱射病という病気になるわけです。
じゃあ日射病は何?
じつは熱射病とは異なる病気のようです。

日射病は炎天下、頭や首筋に太陽光線を長時間受けた場合に起こります。熱により手足の皮膚血管が拡張するため、脳や内臓へ行く血液が減少することが原因です。
まぁ、私のように炎天下でずっと釣りしてたり、スポーツしてたり屋外で作業しているとなる可能性が高いですね。
症状は
顔が赤くなる。
息づかいが荒い。
皮膚は乾いて熱くなっているが、汗は出ない。
脳貧血を起こして一時的に意識がもうろうとなる。
脱水症状、目まい、頭痛、吐き気など。
それに対して
熱射病は
暑くて、じめじめして湿度が高く、汗がうまく出ない環境で作業やスポーツをしたときに、身体の発熱が放散を上まわり、体温調節のバランスが崩れて体内に熱がこもることにより起こります。
熱射病の症状
顔色が蒼白となる。息づかいが弱い。冷汗が出る。体温は普通かやや低め。虚脱感、目まい、吐き気など。
つまり太陽の下でなくても屋内でもなるということですね。ということは犬はこのパターンのほうが多いかもしれませんね。そもそも汗かけませんからねぇ、発熱できないと危ないってことです。ということは犬の機能性シャツって危険かもしれませんよ・・・単純に太陽のもとにいて日差しを遮熱している分にはいいけど、あれ着て運動して体温上がっているのに着続けているとそれが被毛とシャツの間でこもってしまったらさらに体の中は暑くなりますもんね。汗かければ気化熱も利用できるでしょうが残念ながら犬は無理なので、もし着せているのなら水をどんどんかけてあげないと危険ですね。

で、なってしまった時の応急処置にも違いがあるようです。下記は人の場合ですが犬も同じです。
正しい対処を行なうことが大切ですが症状が重症の場合は、医者にかけこまないと危険なこともありますね。

日射病の対処法・・・炎天下で気持ち悪い時ですね
木陰などの涼しい場所で、頭を少し高くしてあお向けに寝かせる。
呼吸を楽にするために上着のボタンを外す。
頭や身体に水を掛けたり、濡れタオルなどで冷やす。
水分を充分に摂る。

熱射病の対処法・・・室内でもおこる
木陰などの涼しい場所で、頭を少し低くして寝かせる。
体温が低い場合は毛布などで身体を包み温める。
頭は絶対に冷やさない。
落ち着いたら塩水を少し飲ませる。

なるほどぉ
はじめて知ったって方はワンクリックよろしくっ
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪ アウラのインスタ アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラフォトムービー

違っていることを知る

涼しい朝ですね。
今日はレッスン場でプランスと一緒です。
金曜日のパグのコロちゃんからトイプードルのプランスにバトンタッチですが、同じ小型犬でも全く異なるところとよく似たところとあって面白いです。
まぁ、違っていて当然ですし、違っているから楽しいのですがね。
で、社会的な背景も年齢も性格も違うにも関わらず、みんなここが我が家だと思っている・・・笑
車で出かける時も一番に手をあげるし、帰って車からお降りると言われなくても自分でレッスン場まで行っちゃう。基本リードいらないくらいです。
寝る時も自由なので自分のベッドだったりソファだったりクレートだったりする。
ごはんの場所も知っているし、タイミングも分かっている。
私は犬をねこっ可愛がりをしませんが、可愛がられ方を心得ているかのようにスッと私の中に入ってくるしトレーニングをしたがる。
そして遊びたがる。
まるでずっとここに住んでいるかのようです。

アウラはペットホテルではありませんからそういう機能はありません。
お預かりといったって自分の犬として預かりなので基本は一頭のみです。
仕事感覚がないのである意味で仕事にはなりませんが私にとっては大事な時間です。
これで私が犬を迎えたらそれはもっと楽しいものになるでしょね。
そんな妄想がいつか現実になるように毎日毎日いろんな犬との経験からセンスを高めるのみです。
未来の自分と未来のパートナーの生活・・・ほんと考えるだけでドキドキします。
ビンゴやアールと過ごした時間と同じところもあるだろうし違うところもある。
私はそれを迎える前からこうして経験の中で知っている。
それはとても大事なことだと思うのです。
犬は比べられることほど悲しいことはないですからね。
ほんとそうだねって思う方はワンクリックを!
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

インスタ動画

今朝はギロッとお日様がこっちをにらみつけていますね。
暑くなりそうです。
今日からプランスお泊まりでコロちゃんもくるのにお出かけはちょっとひかえねばって感じですね。
アァ残念っ、まぁレッスン場でおもいっきり遊びましょう。
さて、私はインスタグラムに結構な勢いで投稿をしています。といってもおもにルーデンスの生活状況を生徒さんにお伝えするための目的なのですが、最近は動画編集にはまっていて、何の気なしに録ってアップすることも増えました。
カメラ機材にたいするこだわりは皆無です。
若い頃は自分で現像なんかもしたりしてカメラにもこだわりがありましたが、デジタル化した時点でまったく興味が薄れました。
今はもっぱらアイパッドかスマホかウェアラブルカメラでとっています。
被写界深度の調整が弱いので強弱のある写真はとれませんが、そこはアングルとアイデアとセンスでカバーって感じです。
で、さらに動画は編集もできるかぎり簡単にして、とにかく犬と暮らす楽しさや犬の素晴らしさを表現することにすっごくワクワクを感じています。
時々、このまま犬の動画作りの仕事に変更しよっかなぁって思うくらいです・・・・いやほんとに・・・あっ言っちゃった・・・
もし自分と犬の動画作って欲しいって方、いらっしゃいましたら作りますよ〜
で、その動画なのですがインスタにあげるには1分という制約やほぼ四角い画面でのアップだったのが近々、60分までオッケーで横長のスマホ対応になると新聞にありました。
で、調べて見たらありました。
インスタ動画の使い方
で、途中まで読んで断念・・・
この手のマニュアルは大の苦手です。
とりあえず直感的に作業ができればそれでよしって感じです。
私的には今の1分が3分になって、横長で見れればそれで十分なんですけどね。
動画楽しみって方はワンクリックを!
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

続きを読む

犬バカ

曇り空スタートですね。昨日と同じく涼しいですっていうか肌寒いくらいですよね。
これから冬に向かって・・・・って思うくらいの季節感がどうも腑に落ちませんけど、とにかく体調管理気をつけたいですね。
さて、今日は夕方に時間ができたので映画を見にいこうと思っています。
犬のお仕事をしている人は犬のことで頭がいっぱい?犬と過ごす時間でいっぱい?
なんとなく、いい意味で「犬バカ」が多い業界ですが、私に限っては全然そんなことはありません。
むしろ「犬バカ」の真逆にいるのが自分かもって思うことがよくあります。
犬と一緒にできることとできないことは区別しますし、一緒にできないことは自分だけで行います。
映画もそのひとつです。映画館に犬を連れていけませんからね。釣りだってスノボだってそうです。基本的に自分中心になってしまう行動で、犬のことを適当にしか扱えそうもない時は連れていきません。
とはいっても連れていけそう率が50パーセントを超えたら連れて生きますし、そのパーセンテージを高めるための努力を惜しみません。たとえば、フライフィッシングをやっていた時は犬たちも一緒です。沢のぼりするときの心得や魚を脅さないような待機の仕方、歩き方を犬たちに教えます。これは自分だけのためではなく他のフッシャーたちのためのマナーでもあります。カヌーでリバーツーリングしていた時はカヌーから落ちないこと、瀬を越える時は伏せて身を低くすること、沈したときは対岸にすばやく渡りきること・・・そんなことを教えます。まぁ大半は私の姿を真似して覚えていくのですが、自分が犬に伝えるという意識を持っているかいないかで犬の学びも変わってきます。
そもそも適当にあしらうということが自分はできません。
何々しながらという「ながら犬」は犬を悪くするばかりでいいことはほとんどありませんからね。
そんなわけで犬以外のことはあまり書きませんが、実は犬以外もかなり楽しんでいる私だったりします。そしてそれがレッスンにも反映されているのです。そう、映画のワンシーンにも犬との生活のヒントがあるのです・・・・えっ、やっぱり犬バカ?・・・・否定はできませんかねっ(笑
やっぱり犬バカだっておもったらワンクリックを!
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー

薬の危険性

今日もいいお天気ですね。
日差しも日に日に夏らしくなってきました、といってもまだ5月なんですけどね。
さて、気候の変化に応じて様々な動植物の活動も変化してきます。
レッスン場では蚊取り線香を焚き始めました。そう、蚊がいるのです。数日前までは越冬したとんでもなく大きな蚊がふらふらと飛んでいましたが、やつらは吸血するだけの能力はほとんどありません。大きいから目立ちますがたいしたことはありません。通年では6月頃から新しくうまれた蚊が飛び出しますが、今年はちょっとはやいです。
そうなるとフィラリア予防ということになりますが私の中のプロトコルはまだ6月15日スタートで1.5ヶ月おきに11月までで良いと考えています。心配な方は出だしをすこし前倒しして6月頭というところでしょうか。
この科学的なプロトコルは日本ではまだ反映されていませんが世界的にみれば普通です。
また、ノミダニ予防についてもフロントラインを安全だという謳い文句でつけているととんでもないことになることもあります。実は先日も生徒さんの中型犬がフロントラインのジェネリック薬で副反応がでました。
異常行動の随伴と食欲不振などが主な症状ですが夜中にこういう症状を発すると心配度は一気に高くなりますね。
メールをいただいて気がついたのですが、何か緊急なときや心配事があるときはぜひ電話したくださいね。
というかむしろ電話をお願いします。メールは気がつかなかったり開くのがおそかったりすることは多々あります。
もちろん電話も寝ていて気がつかないこともあるかもしれません。でもそんな時でも何度かコールしてください。これは私からのお願いでもあります。休日であろうと真夜中であろうと関係なく24時間いつでもお電話ください。分かる範囲でスクリーニングとアドバイスします。空いていない獣医より速いです。
で、話を元に戻しますと、そのフロントラインですがその主成分は農薬のフィプロニルです。
これはノミ等の節足動物の中枢神経系にのみ作用し、人間や犬には作用しないとされています。
もちろんそれは完璧ではなく、経年での研究データはありません。一時的になめてしまうくらいなら問題ないという程度です。副作用副反応のない薬はないと考えるのが自然ですし、農薬となればなおのことです。だって私たちが農薬を体につけることってありますか?仮に安全だといわれてもつけないでしょ・・・感受性というのはそういうところに作用するのです。ですから感受性の強い犬にとっては副反応が出て当然なのです。しかしそれは科学的には解明できないのです。
ちなみにフィプロニルは残留農薬として基準値が定められた薬品ですから野菜などの駆虫に使った場合でも使用基準がありますし、販売される野菜にはそれを超えたものを店頭に並べることはできません。なぜなら危険だからですね。
もし使用する場合は、容量は最小限とし、使うタイミングも何かあった時に獣医に行ける午前中です。
ここ大事です。
また複数の犬と暮らしている場合は投与した部位をなめあわないようにしたり、投与直後から他犬との接触はさけることも大切です。
このお話はまた後日につなげますが、世の中には鵜呑みにするとおやっと思うことがいっぱいあります。
なぜなら犬はしゃべらないから・・・あなたの犬の代弁者はあなたであって、獣医があなたの犬を守っているのではないということをお忘れなく。
学ぼうって思った方はワンクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード