FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日が目まぐるしく

昨日は水道管破裂でご心配をおかけしました。
レッスン場に到着し、ご近所にお礼とお詫びをしてから破裂した場所を確認。
すでにご近所さんが元栓をしめてくださっていたので水はとまっていましたが、一晩吹き出した水が凍って1メートルくらいのつららが何本もかかっていて、氷の羽を広げた鳥のようなオブジェができていました。ちょっと幻想的で一瞬、きれいだなぁとおもってしまった自分に呆れました・・・
で、早速水道屋さんに電話すると、どこもそんなことばかりではやくても火曜日になると・・・・
あのねっ、そんなに待ってられるわけないでしょ
で、とにかく朝からレッスンあるし、午後からはパピーパーティーもあるし、なんとかせねばです。
とくにトイレが使えないと大変です。
で、こんなこともあるかもということで、レッスン場を作った時、水道の配管を上と下で分けていました。
なので下の排水管のバルブをしめて、上だけを使用できるようにしました。
しかしそのバルブは私が雪かきしたおもく固まった雪の下・・・
あさからその凍った雪をかきわけでバルブを探して・・・・ライフリンクというアウトドアというよりサバイバル用のジュラルミンのスコッブが曲がりましたからねぇ、自分の腰も曲がりそうです・・・
で、なんとかトイレを確保して、今度は螺旋階段から屋外レッスン場、そしてトイレまでを雪かきです。屋外レッスン場はこの時期はつかわないので雪はそのままでしたのでこちらもかちかちです。
とにかく全力で雪かきして道筋を作りました。
そんなこんなしていると、生徒さんが到着・・・なんとか間に合いました。
で、みなさんには上のトイレを使っていただき事なきを得ました。
この日のレッスンがすべておわったのは夜・・・
そこからホームセンターに出かけて部材調達。
ところがホームセンターの水道管関連のところにひとだかり・・・そうみんな同じです。
うちはここが破裂した・・・えっ、そんなところが・・・・そんな会話をしながら、部材を探します。
なんとなく連帯感がうまれてちょっとほっとした一瞬です。
部材はなんとかありましたが、ものによってはすべて売り切れていました。
レッスン場にもどって作業を開始。
もちろん水道管の修理なんてしたことありませんが、そこはセンスとこれまでのいろいろな経験でまかないます。
1時間ほどで修理完了。
猛烈な寒さの中の作業はちょっと危機感感じました。
で、元栓を全部しめて、水を抜いて帰宅・・・もうくたくたです。
ご飯食べてお風呂はいって、なぜかダーツして(ダーツは私の趣味のひとつで、精神集中にいいんです・・・でもぜんぜん集中とれませんでした)布団に・・・そっこう爆睡。
でひさしぶりにストーリーのある夢をみました。まるで映画のようなドラマチックな夢です。今でもある程度覚えているくらい素敵な、でもかなりの青春ドラマな夢でした。
こんな夢みるくらいだからそうとう追い込まれていたんでしょうね・・・・ほんと自分で自分をほめてやりたいです。
自分おつかれさん、いつもよくがんばってるね。その思いやりがなによりの強みだからね・・・またがんばろう
がんばったねっておもったらワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。