FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

loose

今日は4月の陽気だとか・・・あったかいってことですね。フリースいらないのかな?まぁ朝起きた直後から耳の中がかゆいから花粉もすごいんでしょうね。
どぉんとこい来い花粉達♪そこは受け身でいきましょう。
昨日の夕方、散歩レッスン
この日は私の自宅がある町田市での散歩です。
芹が谷公園という緑と水の豊かな環境に行きました。
以前は私もアールとビンゴをつれてよくきたこの公園・・・ひさしぶりに歩いてみました。
なんだか懐かしいような、昨日も来たような、不思議な感覚に陥りました。
連れだつ犬は違うけど、一人ではないというこの感覚はやはり犬との散歩ならではです。
人同士の散歩も、一人での散歩もいいものですが、やっぱり犬との散歩は楽しい。
じゃあ、犬からみると人との散歩はどうなんでしょうかねぇ・・・
私は犬と散歩するとき、そのことがとても大事に思うのです。
よくリーダーウォークという言葉を耳にします。
リーダーウォークってなんだ?
つまり犬は人の前を歩いてはいけないということを示しているようです。
犬が飼い主さんの横についてあるくことであり、犬の安全を守るためにも飼い主の安全を守るためにも必要なこと・・・それは納得できますね。でも人の前を歩いてはいけないというのは私には理解できません。
なんだか古い日本の男尊女卑のような感覚を感じます。
女は男の3歩後ろを歩け・・・・そう言っているように感じます。
男は女よりえらい、人間は犬よりえらい・・・序列?支配?
なんだか安全を守るという言葉に隠れてそんなことをいっているように聞こえて仕方ありません。
ちなみに英語ではloose leash walkingということをいいます。
つまりリードがたるんだ状態で歩きましょうという意味です。
でもなぜか日本ではリーダーウォークです。そして英国式とかいっている訓練士ほどこの言葉を使いたがる。
どこでどんだけ勉強したらこんな言葉がでてくるんだろうか?まっそんなことはどうでもいいのですが・・・
一般的なヒールウォークは絶対に学ぶべきですし必要なことです。
でもいつもその状態を保つ必要がどこにあるのでしょうか?
ちなみに私の散歩レッスンでは犬は自分の前を歩くこともあれば私のうしろを歩くこともあります。もちろんよこについて歩くこともあります。
すべてにおいてアウトオブコントロールにさえなっていなければ場所なんてそれほど重要ではないのです。
ただしマナーという観点では人通りなどの環境に配慮するのが大人のマナーです。
なんいといっても人も犬も楽しいことが散歩で一番大事なところだと思います。
この価値観をもてば犬はあまり引っ張らなくなります。なにも教えずともです。
ちなみにloose leash walkingのloose(ルース)は放たれた、自由な、解放されて、解き放たれて、結んでない、離れている、束ねてないという意味があります。
締まりのないさま。だらしのないという意味もあるが、この場合は前者であることはいうまでもない。
私とビンゴがはじめて踊ったFootlooseはアメリカの若者が自由を勝ち取っていくストーリー
フットルース
まさに解放を意味している。
私とビンゴのフリースタイル、ドッグダンスも散歩もレッスンもすべてはこの解放のためにある。
解き放たれた中にこそ集中がある・・・
だって人と犬との関係に本来はコマンドなんていらないのです・・・だって人と人だって命令だけで生きていないでしょ・・・っていうかそんなのやってられない
私もそう思うって方はワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへアウラインスタグラムはこちらから♪
アウラのインスタ
アウラフォトムービー2仔犬の社会化
アウラのフォトムービーエピソード4
アウラフォトムービー
関連記事
プロフィール

aura

Author:aura
町田市と稲城市にあるアウラドッグトレーニングアカデミー
の西田です。
訓練所ではなく、犬とのコミュニケーションづくりをサポー
トしています。
ブログでは私が感じた事を思うがままに綴っています。
ときにはやさしく、ときには厳しく綴りますが、特定の人や
犬に対する記事は一切ありません。
読まれた結果、どのように感じ、どのように触発され、行動
を示されるかは私にはわかりませんが、どんな時にも前向き
にとらえて読んで頂けると幸いです。
うちのボーダーコリーのビンゴは、重度の股関節形成不全でしかも耳が100%聞こえませんが、それでも沢山の経験を共にし、障害を越えて、健常な犬達と同じかそれ以上の結果さえも得ています。
なにもあきらめるものはありません。自分達の向かうイメージを持って、ひとつひとつの努力した点を線につなげ、面にしていくプロセスを楽しむ事で結果はおのずとついてきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。